公益社団法人 日本表面真空学会

メーリングリスト

[ml_132] 2019年日本表面真空学会学術講演会「公募シンポジウムの提案募集」

対象:会員および一般

速報発信者;久保利隆(産総研、2019年度学術講演会プログラム委員長)

                                                              2019年3月13日

各位

                                                         2019年学術講演会
                                                                                                 プログラム委員会

「2019年日本表面真空学会学術講演会@つくば国際会議場」
    における公募シンポジウムの提案募集について

 日本表面真空学会では,会員の関心のある特定分野の研究成果に関わる学術的な議論をより活性化し,学術情報の交換と新たな知識の創造の場としての学会機能を強化する方策を推進しております.その一環として,一般セッションと平行して会員の皆様方のより直接的な提案に基づく「公募シンポジウム」を開催します.ご不明な点やご相談等がございましたら,プログラム委員会までお気軽にお問合せください.

 

1. 提案するテーマおよびその分野: 特に問いませんので,積極的にご提案ください.

2. シンポジウムの形式: 講演会形式, パネルディスカッション形式,技術報告会形式など,アピール出来る形でご提案ください.

3. シンポジウムの日時と会場
  日時: 2019年10月28日(月)午前・午後,29日(火)午後,30日(水)午前・午後
  のいずれかで,半日セッション(3時間程度)を想定しております.
  この枠にあてはまらない場合はご相談ください.

会場: つくば国際会議場(〒305-0032 茨城県つくば市竹園2丁目20−3)
    https://www.epochal.or.jp/

4. 提案資格者:
1)日本表面真空学会個人正会員,学生会員,法人正会員,法人正会員に所属する個人,
                            および賛助会員・維持会員に所属する個人
2)日本表面真空学会の委員会・部会・支部
3)日本真空工業会

5. 提案書の書き方: A4サイズで1~2枚程度の分量(形式は自由)に,
 以下を含む内容を箇条書きにしてわかりやすく記載してください.
 1) シンポジウムタイトル(テーマ・内容を明確に表すもの)
 2) 提案者氏名,会員番号,所属,連絡先(E-mail),等.
   (複数提案者の場合には代表提案者(社)に○を付す)
 3) 提案するシンポジウムの形式
   (講演会, パネルディスカッション, 技術報告会など,具体的に記載すること)
 4) 提案の中に,一般講演から組み込む可能性の有無(およその件数)
 5) 提案の趣旨説明(1,000字以内)
   テーマの新規性・重要性・波及性・表面あるいは真空に関する科学技術との
   関連性などのアピールポイントを含めて記載してください.
 6) 想定される講演者名とその所属および講演題目
   (講演者や講演題目は,提案時から変更になってもかまいません)
 7) その他,連絡事項等

6. 提案締切: 2019年5月8日(水)17:00

7. 提案書提出先
 作成した提案書をE-mail添付にて,2019年日本表面真空学会
 学術講演会実行委員会まで送付してください.
【送付先メールアドレス】 taikai2019@jvss.jp

8. 審査
 学術講演会プログラム委員会によって行われ,採択されたシンポジウムは学会ウェブサイトで公表いたします.なお審査は,テーマの学術的な重要性・波及効果・将来展開・分野領域の応援になっているかなど,多面的な観点で評価し決定いたします.

9. 採択予定件数: 数件程度



日本表面真空学会 事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル5階 TEL:03-3812-0266 FAX:03-3812-2897 Email:

Copyright ©2018- The Japan Society of Vacuum and Surface Science