公益社団法人 日本表面真空学会

メーリングリスト

[ml_110] 【締切間近】日本表面真空学会 産学連携委員会 平成31年1月例会(第302回)のご案内

対象:会員および一般

速報発信者;入江 則裕(入江工研,日本表面真空学会産学連携委員会)

 

日本表面真空学会 産学連携委員会 平成31年1月例会(第302回)
        <ポスター発表募集中>

 当委員会1月例会では,漏れ試験をテーマとし,2名の講師に講演を
していただきます.田村芳一様には,一般社団法人日本非破壊検査協会
が行っている漏れ試験技術者資格認証の講演を,井川秋夫様には学会誌
「表面と真空」61巻8号に寄稿されたヘリウムリークディテクタの話を
中心とした講演をお願いいたしました.さらに,講演後に懇親を兼ねた
技術交流会を開催いたします.技術交流会ではポスター発表を行います.
 なお,今回は会員資格に関係なく,またポスター発表にかかわらず全員
参加費500円とさせていただきます.
皆さま多数のご参加をお待ち申し上げます.

 

日 時:平成31年1月15日(火)14:00~18:30(受付13:30~)

場 所:機械振興会館 地下3階 B3-1号室
    (東京都港区芝公園3-5-8/東京タワー前)
     http://www.jspmi.or.jp/about/access.html

プログラム:
14:00~14:10 開会挨拶(日本表面真空学会 産学連携委員会 副委員長)入江則裕

14:10~15:10
1.JSNDI漏れ試験紹介
(元キヤノンアネルバ株式会社) 田村 芳一
※ JSNDI:The Japanese Society for Non-Destructive Inspection

[講演要旨]
 ISOにおける漏れ試験の資格認証化の背景は,製品が品質管理システムに組み
込まれ,品質の数値化や,作業技術者の資格付け,製造のアウトソーシングや,
部品調達のグローバル化が要求されるようになってきたことによる.この春まで,
一般社団法人日本非破壊検査協会がNDIS(協会規格)の下にレベル1,2の資格認証
を行ってきたが,2018年12月~2019年1月に,レベル1,2,3のISO/JIS資格認
証に移行する初めての講習会が開催され,2019年春に資格認証試験が行われる.
これらの経緯を紹介する.

15:10~15:20 休 憩

15:20~16:20
2.真空装置のメンテナンスリークテストの解説
(島津産機システムズ株式会社 エミットカンパニー 秦野工場 技術グループ 課長)
 井川 秋夫

[講演要旨]
 真空装置のメンテナンスにおけるリークテストにおいて,最も高感度なヘリウ
ム漏れ試験方法に焦点をあて,応用例から見ての各試験条件の注意事項と重要ポ
イントについて解説する.合わせて,最新のドライポンプ搭載のヘリウムリーク
ディテクタの技術説明も行う.

16:20~18:30
3.技術交流会(ショートプレゼンテーション(各3分程度)& ポスター発表)
 1)ショートプレゼンテーション(希望されるポスターのみ)
 2)ポスター発表会(交流を兼ねる)

◆ポスター発表を募集いたします.
 新製品の紹介,研究成果の速報,困りごとの相談など内容は任意です.
現物の展示も歓迎いたします.ポスターはA0サイズ程度,テーブルも用意
いたします.希望者にはショートプレゼンテーションをして頂きます.
参加申込時に発表タイトルをご入力ください.資料配布は任意といたします.
 なお,ポスター発表は,技術交流と懇親を兼ねる形といたします.

参加費:500円(技術交流会の参加を含む)

申込方法:ホームページよりお申し込みください.
     https://www.jvss.jp/

申込締切:2019年1月10日(木)

問合せ先:公益社団法人日本表面真空学会 事務局
       TEL: 03-6801-6264  FAX: 03-3812-2897
       E-mail: office@jvss.jp



日本表面真空学会 事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル5階 TEL:03-3812-0266 FAX:03-3812-2897 Email:

Copyright ©2018- The Japan Society of Vacuum and Surface Science