公益社団法人 日本表面真空学会



真空技術部会2024年6月研究例会「AIによる表面科学・真空技術の新展開」

主催

日本表面真空学会

開催日

2024年6月21日(金)13:00~16:30(現地/接続受付12:30~)

締切日

2024年06月10日

会場

朝日ビル5階 およびオンライン
(〒102-0093 東京都千代田区平河町1-2-2)
 東京メトロ半蔵門線半蔵門駅1番出口より徒歩1分

プログラム

主題「AIによる表面科学・真空技術の新展開」

 AIの進歩は目覚ましく、表面科学や真空技術の分野においてもその利用が広がりつつあります。専門分野の細分化と多様化が進む中、今後の研究や開発のスピードはAIをうまく活用できるかどうかにかかっているといっても過言ではありません。多くの研究者が自身の研究にAIをどのように取り入れるかを模索しており、この研究会はその方法と最新の動向を共有するために企画されました。真空および表面科学分野でAIを活用している第一線の研究者をお迎えして、実際の研究・開発についての講演を予定しています。皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

講演プログラム
13:00~13:05 開会の挨拶 (真空技術部会 副部会長)山本 将博

13:05~13:40
「真空技術におけるAI-Robotの活用とラボオートメーション」
 清水 亮太(東京大学 理学系研究科)

13:40~14:15
「インフォマティクスを活用した量子ビーム計測とデータ解析」
 小野 寛太(大阪大学 大学院工学研究科)

14:15~14:50
「クライオ電顕の単粒子解析、電子回折解析とAI測定」
 米倉 功治(理化学研究所 放射光科学研究センター/東北大学 多元物質科学研究所)

14:50~15:15 休憩

15:15~15:50
「加速器真空システムにおける機械学習を用いた圧力異常検知手法の検討」
 末次 祐介(高エネルギー加速器研究機構)

15:50~16:25
「高品質な3次元アトムプローブ分析及び透過型電子顕微鏡観察試料の自動作製技術」
 埋橋  淳(物質・材料研究機構)

16:25~16:30 閉会の挨拶 (真空技術部会 部会長)関口 信一

参加定員

現地60名、オンライン200名(希望者が多い場合は変更の可能性があります。)

費用

日本表面真空学会会員 3,000円(予稿集代を含む)
協賛学協会会員    3,000円(予稿集代を含む)
非会員        5,000円(予稿集代を含む)
学 生        無  料(予稿集1,000円)
※上記金額には消費税を含みます。

*日本表面真空学会会員:個人正会員、法人正会員、維持会員、賛助会員
*日本表面真空学会法人正会員、維持会員、賛助会員の企業名はこちらをご確認ください。

申込方法

こちらの申込フォームからお申込みください。
※お申込み完了後、受付完了メールが自動返信されます。
 受付完了メールが届かない場合は、office@jvss.jp へご連絡ください。

申込締切 2024年6月10日(月)

支払方法

銀行振込(申込受付完了後、請求書をメール添付でお送りします。)

クレジット決済(PayPal)※PayPalはインボイス制度に対応しておりません。

参加費
 

「参加者の都合による取り消し及び不参加」の場合、参加費の払い戻しはいたしません。
ただし、参加者の変更は差し支えありません。

協賛

応用物理学会、日本加速器学会、日本顕微鏡学会、日本真空工業会(依頼中を含む)

備考

問合せ先
 公益社団法人日本表面真空学会 事務局
 E-mail: office@jvss.jp  TEL 03-3812-0266

本件担当
 日本表面真空学会 真空技術部会(高エネルギー加速器研究機構)山本 将博



日本表面真空学会 事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル5階 TEL:03-3812-0266 FAX:03-3812-2897 Email:

Copyright ©2018- The Japan Society of Vacuum and Surface Science