公益社団法人 日本表面真空学会



スパッタリングおよびプラズマプロセス技術部会(SP部会)第19回技術交流会<発表募集>

主催

日本表面真空学会

開催日

2022年12月5日(月)11:45~12:00、14:30~15:15、16:15~17:00

締切日

2022年12月01日

会場

東京都立産業技術研究センター(本部) 5F食堂
 アクセス(最寄り:テレコムセンター)

プログラム

 SP部会では、来る2022年12月5日(月)に開催する第172回定例研究会と併設で、第19回技術交流会を実施する予定です。技術交流会における発表を以下の通り募集します。
 発表は口頭によるショートプレゼンとその後ポスターセッション形式による質問・情報交換会を予定しています。(発表件数によりショートプレゼンの実施概要に変更の可能性がございますこと予めご了承願います)
 発表内容については特に制限を設けません。新製品の宣伝的な内容、困り事の相談的な内容でも結構です。研究機関等にご所属の方の研究紹介も歓迎します。
 発表を希望される方は、以下の申込フォームよりお申し込みください。

開催日時  2022年12月5日(月)11:45~12:00、14:30~15:15、16:15~17:00

開催場所  東京都立産業技術研究センター(本部)5F食堂

発表申込期限  2022年11月21日(月)11月24日(木)12月1日(木)

アブストラクト 第172回定例研究会資料(カラー印刷)に併せて掲載します。
        A4用紙1枚、様式は自由です。
   提出方法 PDFファイルにて事務局 office@jvss.jp 宛にご提出ください。
        ※文字化けを避けるためにフォントは「埋め込み」にしてください。
   提出期限 2022年11月21日(月)11月24日(木)
        ※11月25日以降に申し込みされた方はアブストラクトの提出は不要です。

※ショートプレゼン、ポスター、アブストラクトの発表言語は日本語でも結構です。

第1~18回技術交流会発表参加者(敬称略)
 大阪大学、金沢工業大学、関東学院大学、京都大学、近畿大学、信州大学、成蹊大学、千葉工業大学、中部大学、電気通信大学、東海大学、東京大学、東京理科大学、東北大学、東洋大学、名古屋工業大学、名古屋大学、兵庫県立大学、法政大学、久留米工業高等専門学校、都城工業高等専門学校、秋田県産業技術総合研究センター、産業技術総合研究所、物質・材料研究機構、 (株)アルバック、アルバック九州(株)、アルバックテクノ(株)、(株)イー・エム・ディー、イーグル工業(株)、AGC(株)(旧称:旭硝子(株))、AGCセラミックス(株)、(株)大阪真空機器製作所、オリンパス(株)、キヤノン(株)、キヤノンアネルバ(株)、(株)COMET、芝浦メカトロニクス(株)、(株)昭和真空、(株)シンクロン、助川電気工業(株)、(株)スピネット、セントラル硝子(株)、大亜真空(株)、東京電子(株)、(株)日鉱マテリアルズ、日本真空光学(株)、日本ビクター(株)、(株)ブリヂストン、平和電機(株)(旧称:平和電源)、ペガサスソフトウエア(株)、(株)北海光電子、(株)ホンダロック、(株)村田製作所

費用

※技術交流会発表者の参加費は無料です。(第172回定例研究会への参加も無料)

申込方法

ショートプレゼンテーションの発表をご希望の方は こちらの申込フォームからお申込みください。
※お申込み完了後、受付完了メールが自動返信されます。
 受付完了メールが届かない場合は、office@jvss.jp へご連絡ください。

※定例研究会も参加される方は、上記の発表申込みとは別に第172回定例研究会への参加申込みも必要です。

※技術交流会への参加のみをご希望の方は第172回定例研究会・第19回技術交流会の申込フォームからお申込みください。

備考

問合せ先
 公益社団法人日本表面真空学会 事務局
 TEL: 03-3812-0266  E-mail: office@jvss.jp

本件担当
 日本表面真空学会 SP部会 清水徹英(東京都立大学)、黒岩雅英(東京電子株式会社)



日本表面真空学会 事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル5階 TEL:03-3812-0266 FAX:03-3812-2897 Email:

Copyright ©2018- The Japan Society of Vacuum and Surface Science