公益社団法人 日本表面真空学会



表面分析実践講座2024 実践! 最新走査電子顕微鏡実習 実際の作業を通して身につける最新技術

主催

日本表面真空学会

開催日

2024年8月8日(木)、9日(金)

締切日

2024年07月11日

会場

日本電子株式会社 開発館
〒196-8558 東京都昭島市武蔵野3-1-2(TEL 042-542-1111)
JR青梅線「中神」駅 徒歩13分

プログラム

最近の走査電子顕微鏡は、形状観察はもちろんのこと、各種検出器を駆使した多岐にわたる分析が可能となっています。そこで本講座では、SEM経験者を想定し、基礎と応用に関する講習と共に、専門家の指導の下で最新の実機を用いた実習に参加してもらい、体験を通じた原理の理解の深耕と、応用力の効くオペレーション技術を習得して頂きます。実習では、各種検出器の使い方から低加速電圧観察と分析、さらには試料断面の作製などを対象とし、実践を通じて習得することを目的としています。

2024年8月8日(木)
 9:30-10:00 SEM実習前に基礎をおさらい 朝比奈 俊輔(日本電子株式会社)
10:00-12:00 SEM実習1(LV-SEMもしくはFE-SEM)
12:00-13:00 昼食
13:00-14:00 SEM実習1続き(LV-SEMもしくはFE-SEM)
14:00-15:00 SEM実習2(FE-SEMもしくはLV-SEM)
15:00-15:30 休憩
15:30-17:30 SEM実習2続き(FE-SEMもしくはLV-SEM)
2024年8月9日(金)
 9:30-10:00 低加速電子を用いる高分解能測定 髙見 誠一(名古屋大学)
10:00-10:55 高分解能走査電子顕微鏡でみるナノ多孔質材料 遠藤  明(産業技術総合研究所)
10:55-11:05 休憩
11:05-12:00 複数の像検出器を搭載した最新走査電子顕微鏡を最大活用する
-装置誕生から60年の技術の系譜-
佐藤  馨(JFEテクノリサーチ株式会社)
12:00-13:00 昼食
13:00-13:30 Arイオンビームを用いたSEM用の試料断面作製 應本 玉恵(日本電子株式会社)
13:30-14:20 SEM-EBSD法の原理と材料解析への応用例 森田 博文(オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社)
14:20-14:40 休憩
14:40-15:30 SEM-EDS分析の基礎と実際 森田 正樹(日本電子株式会社)
15:30-17:00 装置実習(試料断面作製、EBSD、EDS)
17:00-17:30 総合討論

実習内容
8月8日(木)のSEM実習は、専門家の指導のもと各班最大3名に分かれLV-SEMおよびFE-SEMを実際に操作して頂きます。
LV-SEM(低真空SEM):真空度による違い、無蒸着・蒸着の差、元素分析の留意点
FE-SEM (高分解能SEM):低加速電圧、高分解能観察、各検出器における像解釈

※参加者の試料持参もお受けしております。実践講座当日に観察されたい試料がある場合は、お申し込み時に試料情報に関するアンケート欄に記入してください。

8月9日(金)の装置実習は、講義の内容(試料断面作製、EBSD、EDS)を実習によりさらに理解頂くため、各講師による装置実習を行います。講義後、各自の希望に分かれて実習します。また、この実習は事前の申し込みが可能です。先着による事前希望を優先させて頂きます。人数に余裕がある場合、当時の変更も可能です。講座当日の申し込みは部屋の都合により、ご希望に添えない場合もございます。

参加定員

18名(定員に達し次第締め切ります)

費用

     申 込 資 格    受講料
  日本表面真空学会個人正会員   60,000円
  日本表面真空学会法人正会員   60,000円
  日本表面真空学会維持会員   60,000円
  日本表面真空学会賛助会員   65,000円
  協賛学協会会員   70,000円
  その他   80,000円

(テキスト代、昼食、消費税を含む)

申込方法

こちらの申込フォームからお申込みください。
※お申込み完了後、受付完了メールが自動返信されます。
 受付完了メールが届かない場合は、office@jvss.jp へご連絡ください。

Webでのお申し込みが困難な場合、事務局にご連絡ください。

お申込みに際しご入力頂いたメールアドレスは、日本表面真空学会が主催する本件以外のセミナー・講演会などのご案内にも使用させて頂く場合がございます。ご案内が不要な方はお手数ですがその旨お申し出ください。
また、電子顕微鏡を製造・販売されている企業からのご参加については、お断りさせて頂く場合がございます。

支払方法

(1)申し込みを受け付け後、請求書をメール添付でお送りします。
(2)銀行振込をもって領収とさせて頂きます。
(3)勝手ながら受講料の払い戻しは行いません。
(4)クレジット決済(PayPal)も可能です。
 ※PayPalはインボイス制度に対応しておりません。

PayPal決済
 

協賛

日本物理学会、日本トライボロジー学会、日本金属学会、電子情報通信学会、日本顕微鏡学会、電気化学会、表面技術協会、粉体工学会、日本材料学会、電気学会、日本材料科学会、日本機械学会、高分子学会、日本油化学会、日本分析化学会、軽金属学会、化学工学会、粉体粉末冶金協会、日本分光学会、日本真空工業会(予定)



日本表面真空学会 事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル5階 TEL:03-3812-0266 FAX:03-3812-2897 Email:

Copyright ©2018- The Japan Society of Vacuum and Surface Science